フォト

twitter

  • twitter
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2016年7月10日 (日)

雪彦山(下)

三角点雪彦山から次のピークへ。

Seppi_11
鉾立山の山頂です。

Seppi_12
氷ノ山が見えていました。

Seppi_13
稜線をもう少し歩いた途中から駐車場方面に
谷筋を下ります。

Seppi_14
歩く人は少ないのか、踏み跡はわかるのですが、荒れた感じでした。

Seppi_15
途中にあったナメ滝。

情報では、時期によってはヒルがいる、ということで
嫌な気分だったのですが、天気が良かったせいか
出てくるような雰囲気はなく、一安心。

Seppi_16
虹ケ滝。スケール小さいです。

Seppi_17
のんびりハイキング気分なのでちゃんとコーヒーブレイクも。

Seppi_18
登山口に帰ってきました。

Seppi_19
帰りに撮った道路から見た雪彦山です。
光の具合できれいに撮れませんでした。
朝のうちに撮影しておくことをおすすめします。

(おしまい)

2016年7月 7日 (木)

雪彦山(上)

6月2日のことになりますが、
雪彦山(せっぴこさん)に行ってきました。

Seppi_1
姫路の北にある1000mに満たない山です。

途中で同行のF氏を拾ったりしていたので登山口の駐車場まで
自宅から2時間以上かかりました。
平日なので他に1台とまっていただけ。

Seppi_01
登山口には標識があって迷うことはありませんでした。

Seppi_02
雪彦山へ直接登りあげる登山道はいきなりの急登です。

Seppi_03
途中の展望岩からの雪彦山。
色のコントラストがきれいです。

Seppi_04
頂上に近づくにつれ岩場が増えてきます。

Seppi_05
クサリ場もあってなかなか厳しい。

「ハイキング気分だと泣きをみる」

ということがわかりました。

Seppi_06
ここを通れ、と道しるべ。
大柄な人のために巻き道もありました。

Seppi_07
F氏はギリギリ!

Seppi_08
いくつかのピークが集まってその全体を「雪彦山」と
呼ぶそうです。

ここは大天井岳という名前もついていますがここを雪彦山と
決めているようです。

Seppi_09
次のピークに向かいます。
下ったかと思うとまた登り。

Seppi_10
「三角点雪彦山」に着きました。
名前のわりには見晴らしはありません。
先ほどの雪彦山より標高は高いし、地図上ではここを
雪彦山としているものが多いようです。

(続きます)

2016年7月 4日 (月)

赤岳(下)

横岳までの稜線は小さなアップダウンにハシゴ・クサリ場が
あって、天気もいいのでのんびり歩く、という雰囲気では
ありませんでした。

Akadake_22
しかし、景色はいいぞ。

Akadake_23
横岳を過ぎると景色がガラリと変わります。
火山地帯の色ですね。

鹿から高山植物を守るネットが長々とありました。

そういえば、涸沢に近い横尾本谷でも鹿が確認されたとか。
大変なことになりそうです。

Akadake_24
硫黄岳山荘にはタルチョがかかっていました。
タルチョ・・エベレスト街道に行って覚えた言葉が
ここで出てきました。

Akadake_25
硫黄岳の火口。
急に景色が変わりビックリ。ここだけ雰囲気が違います。

Akadake_26
赤岳からここまで歩いてきました。
ここからは稜線をはなれ、赤岳鉱泉に向かって下ります。

Akadake_27
雪のように白い地肌が露出しています。
なんなんでしょうね。

Akadake_28
激下り。登ってくる人たちも苦しそう。

Akadake_29
頑張ったので1時間で赤岳鉱泉に着きました。
これからテントを回収して美濃戸口へ下山です。

Akadake_30
昨日登ってきた道なので様子はわかっているのだけれど
長い!うんざりするほど長い。特に美濃戸山荘からの
車道がつらかった。こんなことなら赤岳山荘まで車を
上げておくのだった!

美濃戸口の八ヶ岳山荘で入浴できるようで、入浴施設を
探すのもめんどうだったので、そこでさっぱり汗を流しました。

Akadake_31
ソバでも食べたかったのですが、車で高速のインターチェンジに
向かう道すがらではそれらしい店を見つけられず、
そのまま高速に乗ってしまいました。

しかたなく諏訪のサービスエリアで食事をすませ、
渋滞もなく、自宅には22時に到着。

出発時はバタバタしたけれど、満足のいく山行でした。

(おしまい)

2016年7月 1日 (金)

赤岳(中)

急登が続きます。

Akadake_12
すべって歩きにくいところも・・

Akadake_13
振り返れば北アルプス方面が見えます。

Akadake_14
こういう階段は高度が上がるのは早いのですが、しんどい!
稜線の標識が見えているのですがなかなか近づいてきません。

Akadake_15
頂上に近づくと岩場の傾斜も増して、ちょっとしたクライミング。

Akadake_17
赤岳山頂にて。
360度の展望が楽しめました。

Akadake_16
富士山も顔をのぞかしています。

このあと徐々に雲がかかってきたので
「反時計回りのコースは正解やったな。」
と話していました。

Akadake_18
硫黄岳に向かって縦走開始。赤岳を下ります。

Akadake_19
きれいな花がたくさん咲いていました。
一番見かけたのがこの紫色のやつ。
花の名前には疎いのでほとんどわかりません。

首からカメラをぶら下げていたからでしょうか
「ツクモグサは咲いていましたか?」
と聞かれてしまいました。
「・・・?」
です。

Akadake_20
赤岳天望荘。太陽光発電パネルや風力発電設備がずらり。
ここまで必要なのかな?

Akadake_21
地蔵尾根から続々と登ってくるのがよく見えました。
今日出発した赤岳鉱泉小屋や行者小屋もわかります。

(続きます)

2016年6月28日 (火)

赤岳(上)

予定がコロコロ変わって、その結果八ヶ岳の赤岳に
登ってきました。6月10~11日の出来事です。

梅入り前に山登りに行こうとS君と打合わせをして、
6月の第2週の週末頃ならOK、という予定でしたが
今年は早々と梅雨入りし、予報も傘マークが並んでダメっぽい。

早々にあきらめて、行ってもいないのに反省会を開催した数日後
「天気、良くなりそうやで!」
天気予報が好転したので出発することにしました。

ここいらへんは、お互いセミリタイアしているので時間の
都合はつけやすい。

目標の山は八ヶ岳の赤岳。
朝から出発して、その日のうちに赤岳鉱泉まで
入っておこうという計画。

ところが、名神高速は集中工事で渋滞がひどかった。

Akadake_01
至る所で片側通行。舗装工事やら樹木の伐採やら・・
でも、きれいになってるね。

Akadake_02
予定より1時間遅れで美濃戸口に到着。

Akadake_03
歩きだしたのは3時を過ぎていました。
早出早着きがモットーなのでこんな時間に歩いていることは
あまりないので気分が落ち着かない。
夏至が近いので日の長いことが救いです。

Akadake_04
6年ぶりの美濃戸山荘。
その時は山岳会の秋山山行として赤岳に登りに来たのですが
前日に登った蓼科山で雨風に吹かれてひどく痛めつけられ
当日朝も雨が残っていたため、あんな思いはもうたくさん!と
早々と引き上げたのです。
結局その日は天候は回復し、雨の中がんばって出発した会員は
登頂を果たしました。

判断ミスでしたねぇ。

Akadake_05
堰堤広場に到着。ここまでは車道歩きで、緑はきれいだけれど
いささかうんざりです。それなりのペースで歩くので結構疲れるし・・

Akadake_06
広場を過ぎれば山に来たぞー、という道。
水質のせいか、川床は赤茶色です。

Akadake_07
赤岳鉱泉の小屋に着きました。
右手の白いものは雪です。冬の人工氷壁アイスキャンディの
残骸でしょうか?

Akadake_08
テントに入り込んでホッと一息。幕営料は一人¥1000 でした。
赤岳方面はガスがかかって見えません。

夕食を食べながら、お酒を呑みながら、としていたら
あっという間に暗くなり、気温もぐんぐん下がりました。
いっぱい着込んで夏用寝袋に潜り込みました。

翌11日は4時に起き、テントを残して5時出発。
硫黄岳~赤岳を周回する計画なのですが、天気の良い
午前中に先に赤岳に登り、景色を堪能する作戦、
ということで反時計回りで文三郎尾根を登ります。

Akadake_09
まずは行者小屋へ。

Akadake_10
意外とひっそりしています。

Akadake_11
これから登る文三郎尾根。赤岳に朝日が当たり始めました。

(続きます)

2016年5月27日 (金)

黒斑山から下山

黒斑山から後は下るばかり。

中コースで車坂峠の駐車場に下りてきました。
最後の下りで小岩がゴロゴロの道は気を使うので
非常に疲れますが、ここは歩きやすい道でした。

Azu_301
あと少しで駐車場、というところ。

Azu_302
お疲れ様でした、の記念写真。
N先輩とはここでお別れです。

腹ごしらえをしてから高速道路に乗ろうと、お店を探している
うちに、懐古園の表示が見えたので、近いのなら観光して行こうと
いうことになり、駐車場に車を入れました。

Azu_303
横にあった蕎麦屋で遅い昼食を。

Azu_305
懐古園というのは小諸城址のことなんです。
JRの線路で分断され地下道でつながっている、という
おかしな作りになっています。

こちら、大手門。国の重要文化財です。

Azu_304
地下道をくぐり、三の門。これも国の重要文化財。

Azu_306
園内は緑であふれています。

Azu_307
天守台。石垣が真直ぐじゃないのですが、どうやら
このような形が特徴のようです。

でもなんか今にも崩れそう。

Dsc04354
端っこまでくると千曲川が望めました。

さて、帰りますか。大阪までは420kmあります。

いつの間にか、車を出した人が運転する、ということが
暗黙の了解になってしまってます。
今回は私がずーっと運転手です。

Azu_309
途中、眠気覚ましにコーヒーでお腹をダブダブにしながら
渋滞にもあわず無事に帰れました。

(遠征記 おしまい)

2016年5月23日 (月)

ミントの苗

Dsc04361

ペパーミントの苗を買ってきました。150円でした。
ほったらかしにしていても大丈夫、みたいなことが書いてあったので
育ててみようかな、という気になりました。

ベランダにはネギしかないというのも寂しいので。

鉢に植え替えて「大きくなれよ」と願いを込めて水をあげました。

大きくなれよ!

2016年5月18日 (水)

浅間山へ

四阿山から下山して、N先輩とはいったんお別れ。

N先輩は軽井沢にログハウスを持っていて今日はそちらで
宿泊させてもらいます。我々は上田城を観光し、先輩は昼寝。

Azu_201
上田城の駐車場に車を入れて、お腹が空いたのを
おやきでごまかします。

Azu_202
日差しだけはしっかり夏仕様。
大河ドラマ館があったりして、ぐいぐいと「真田丸」押しです。

Asa_203
N先輩と合流して食料を買い出ししてから山荘にお邪魔しました。
バーベキューでエネルギーを補給。
寝不足気味だったせいか、お酒はあんまり呑めなかったなぁ。
バタン、キューというやつです。

Asa_204
翌日は車坂峠登山口から登り始めました。
火山活動で出来た山らしい景色です。

Asa_205
外輪山に立つと浅間山が見えました。
頂上付近は雲の中です。噴煙ではありません。

Asa_206
草すべりを大下りして賽の河原方面を目指します。

Asa_207
じんわりと高度を上げる歩きやすい道。

Asa_208
賽の河原分岐から先は立ち入り禁止でロープがしっかりと
張ってありました。噴火レベル2、だそうです。

Asa_209
これ、噴石なんでしょうか?
こんなの飛んで来たらどうしよう!

Asa_210
火山地帯らしい登山道です。Jバンドルートで稜線へ。

Asa_211
浅間山は登れないので、ここが登ったことにする地点の黒斑山です。

雲の中に入ったのか、はたまたガスが沸いたのか、
いつの間にかあたり一面、白くなっています。

(続きます)

2016年5月17日 (火)

四阿山(あずまやさん)から

16日の夜から車で四阿山と浅間山に登りに行く予定を
友人S君と立てていたのだけれど、天気予報が思わしくない。
12日になって二人とも「今日からなら行ける」となり
あわてて準備をして計画を決行しました。

リタイアしている者は気楽です。
(まだセミリタイアですが・・)

深夜1時半頃に登山口の菅平牧場に到着しました。
車外に出てビックリ!星が地平線まできっちりと詰まっています。
それから、とても寒い!
しかし持参のビールを呑んで仮眠をとりました。

13日の朝は素晴らしい天気で登山口からでも北アルプスの
穂高から後立山のほとんどが見えています。

Azu101
急な日程変更にもかかわらず、関東方面から先輩のNさんが
駆け付けてくれて3人パーティーになりました。

Azu102
歩き始めは牧場内の牧歌的風景に癒されます。

Azu103
これでもか、というほどの白樺の林。

Azu104
まだ桜が咲いていました。花は小ぶりです。

Azu105
木がまばらになってくると日当たりが良くなって暑い。
もうシャツ1枚です。

Azu106
山頂です。
長野県との県境のはずなのですが、群馬県が主張しています。

Azu107
次の根子岳を目指して大下り。
ところどころ、雪も残っていてぬかるんでいます。
尻もちをついたら大変なことになります。

Azu108
根子岳へはゆるやかな登り。

Azu109
根子岳山頂からの富士山!

Azu110
根子岳山頂で3人そろって記念写真。
平日なので登山者は少ないようです。

Azu111
駐車場がはっきり見えるところまで下りてきました。
出発した頃に比べるとずいぶん数が増えています。
下山中も、急に人が増えたようでたくさんの人と
すれ違いました。出発時間が遅いようですね。

(続きます)

2016年4月25日 (月)

服部緑地でバーベキュー

日曜日、天気予報ではやきもきさせてくれたが
明けてみればいい天気でホッと一安心。

今日は服部緑地で昔のテニス仲間でバーベキュー。

道具や食材は女の子たちが準備してくれたので、場所取りと
運搬を買って出ました。

8時過ぎには家を出て緑地公園駅に向かいましたが、どうやら
前日に来て場所を確保しているようで、ロープを張られた
無人のエリアが点在。いい場所は残っていません。

とはいえ、敷地は広いので日陰を確保。
トイレが遠いのだが仕方ない。

Dsc04221

久しぶりー、というメンバーもいて楽しかったです。

屋外なので、お酒を飲んでいるのに、バトミントンやら
フリスビーをして暴れてしまいます。
すると、酔いが急激にやってくる。経済的ではあります。

機材はレンタルだったので、返す時間が決まっています。
だらだら続けずスパッと終われてよかったよ。

呑みなおそう、と誰も言い出さず、明るいうちに帰ってきましたが
こういう時は電車で座ってはいけません。
寝入ってあやうく乗り過ごすところでした。

«K7の電池蓋パッキン