フォト

twitter

  • twitter
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ケーブルガイド | トップページ | 泊りがけで六甲山(上) »

2011年6月10日 (金)

胆のう摘出(1)

1年程まえのお話。

それがわかったのは偶然だった。
実は血液検査でコレステロールとγ-GTPの値が
少し高くて薬を飲んでいるのになかなか下がらない。
お酒をやめていないのも原因の一つだろうが
近所のかかりつけの先生に、ついに
「MRI検査を受けてみますか」
とすすめられた。すい臓あたりがあやしいなぁ、という
感じらしい。
予約をとってもらい紹介状をもって市内の大学病院に行った。
会社を休まないといけないのがつらい。
予約制なので少し待っただけで検査はすぐ終わったが
結果は約1週間後。また会社を休んで受診。
胆のうの外側にコブが見つかった。
ちなみにすい臓は異常なし。
日を改め、今度はCTスキャンで検査。

Imgp2965

おそらく、胆のう腺筋腫症という胆のう特有の病気で
今回はたまたま別の検査でわかったけれど気が付かない
ままの人も多いそうだ。私の場合は自覚症状はまったく無い。
ただ、1%程度で悪性の場合があり今回の検査では判断は
つかないと先生はいう。

今後としては、
1.定期的に検査しながら様子をみる。
2.胆のうを取ってしまう。
という二者択一。

えーっ、どっちもイヤや。

考えさせて下さい、ということで、約三ヶ月後の様子を
見るため、MRIの予約を入れて帰ってきた。
嫁に相談するも、好きにしたら・・っていう感じ。

どうしようかと考えているような考えていないような
三ヶ月はすぐに経ち検査を受けた結果は変化なしだった。

しかし、もう決めていた。手術で摘出する

どれくらいの間隔で検査をし続けなければならないのか、、
三ヶ月、半年、一年それを一生となると大変だ。

(続く)

« ケーブルガイド | トップページ | 泊りがけで六甲山(上) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに投稿します。
いずこも年齢を経てくると、長い人生、いろんなことを知り、体にも変調を来してきます。
ここで、迷っているより、もう少し健康に生きたいからと、気持ちを決めていくしかないのは、誰も 分かっていることなんですが・・
 とにかく検査・検診がどのくらいか必要でも、面倒さを考えないようにしようと!

N.ケイゾーさん、こんにちは。
検査、検査で会社を休み同僚に迷惑をかけ、
面倒臭さも少しあって取ってしまいました。
耳が痛い・・
悪性である確率は1%と言われても私にとっては
良性か悪性か50%、とやや悲観的にもなっていました。
摘出して良かったのか悪かったのかはもう少し時間が
経ってみないとわからないことなのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胆のう摘出(1):

« ケーブルガイド | トップページ | 泊りがけで六甲山(上) »