フォト

twitter

  • twitter
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

RX100のグリップ

構えた時に指のひっかかりがほとんどないソニーの
DSC-RX100なのだがそのことをネットで検索すると
同じ悩みを持つ人はたくさんいる様子。

リチャードフラニエックという人が専用グリップを作っていて
カメラにきれいにフィットして見栄えがとてもいいようだ。
専用品だから。

国内でも手に入るが直接購入したらかなりお安くなる。
(今回は、ドルのレートにもよるが送料を入れても6割程度)
支払いがPayPalしか受け付けてもらえないので急遽登録。
今後も何かと役に立ちそうなので・・

Pk7_5612
20日の夜に注文して26日には郵便受けに入っていた。
早い!

Pk7_5614
中身はグリップと英語の注意書き。ようわからん。
プラスチックと思った素材は金属のようで持った時に
冷たさを感じた。アルミ?

両面テープでつけるのだがこの両面テープが優れもののようで
軽く貼り付けた状態だとそこそこ修正が出来て、ギュっと
押し付けたらその粘着力を時間とともに発揮するようだ。

失敗したかなと思ったがほんとに少しは動かすことが出来て
納得した位置でカメラ大丈夫?というほど押し付けておいた。

30分は置いておくようにということで一晩置いとけば完璧?

Pk7_5615
こののっぺりした形が・・

Pk7_5616
こうなった。

手は大きくないので持った感じは狭苦しくはない。
とても持ちやすくなって片手でも撮影出来るゾ。

とても満足!

あとはケースが必要。
先日ハイキングに行った時はジャケットのポケットに入れて
出し入れしていた。それはそれでいいんだけど夏場に
薄着になった時が困る。

Pk7_5617
以前100円ショップで買った小袋があったのでそれに入れて
持ち運んでいるがピッタリ過ぎて出し入れがしにくい。
グリップをつけ大きくなったのでどうかなと思ったがなんとか
入った。

けどこれじゃあなぁ・・

2012年11月27日 (火)

RX100のカメラ用品が続々と

続々といっても頼んだから来るんだけど・・

Rx01
何だか懐かしい白い封筒で来たものは

Rx02
互換バッテリー。値段は純正の4分の1以下。

Rx03
やっぱり純正品とは違って安っぽい。

Rx04
裏にはやはり、MADE IN CHINA。

Rx05
大きな茶封筒には、
Rx07
32GのSDカード。なるべく書き込み速度が速いものということで。
しかしホントにSanDiskかなぁ。ニセモノがあるって聞くし・・

Rx08
アマゾンからびっくりするほど大きな箱で来たのは
バッテリーの充電器。
カメラにはついておらず別売なのだ。
充電はUSBケーブルを直接カメラにつないでするように
なっているのだがカメラ本体はマイクロUSBで樹脂性のフタが
なんとも頼りないためあまり開閉したくない。
バッテリーを直接充電するために買った。
これまた互換品でMADE IN CHINA。

Rx09
通販サイトの画像だとシガーライターから充電するような
感じで、手元に届くまで少し不安だったったが裏にはプラグが
あってちゃんとコンセントからもできる。よかったぁ。


Rx10
早速MADE IN CHINAどうしで使用。
様子がおかしいのでよく見ると電池が裏向きだった。
ちゃんとセットしたらランプが赤く光り充電を開始した。

カメラに入れたら動作したので使える。

あとはグリップだな。

2012年11月26日 (月)

六甲山ハイキング

24日の土曜日は六甲山にハイキングに行って来た。

メンバーはテニスサークルの仲間たち。

私はもうテニス自体やめちゃったのでサークルとの付き合いは
ないのだが友達付合いは続いている。
ありがたいことだ。

嫁も同じサークルだったのでめずらしく一緒についてきた。
長く歩くとヒザが痛くなることがあるので登山やハイキングは
行かないのだが、今日はその気になっている。

Ro01
御影駅に7時半集合ということで夜も明けやらぬ頃に家を出た。
天気はいま一つで梅田に来てもまだ薄暗い。

Ro02
阪急御影駅の北側出口。ロータリーになっているが
何にもなくて殺風景。

Ro03
十文字山経由で六甲山に登る。まず登山口まで住宅地の
中を歩くことになる。街路樹の色づきがきれいだ。

Ro04
戸惑いながらようやく登山口らしいところまで来てホッとする。
住宅地の中はややこしいから・・

Ro05
土曜日の六甲なのに誰一人出会わない。そんなにマイナーな
ルートなのかな?時間が早いから?

Ro06
芦屋川からのルートに合流した。

Ro07
とたんにたくさんのハイカー。

Ro08
頂上近くからは神戸の海が見える。
曇ってはいるが雲間からの日差しに海面が輝いてなかなかいい。

Ro09
頂上はとても寒くて写真を撮ってすぐに退散。
標高が1000m近いので5℃程気温は低いってことか。

アンテナの建物を風よけにして昼食をとった。
火器はダメかな、とポットにお湯を入れてきてカップ麺を作ったが
周りではコンロを使っている人もたくさんいた。
使ってもよかったのかなぁ。

Ro10
温かいものを摂っても身体がポカポカしてこない・・
こりゃ歩かないとダメだ、と有馬に向かって下りる。

Ro11
有馬温泉街はあちこちで湯気があがっている。
ここは金泉の源泉。金といっても茶色だけど。

透明な銀泉に入浴。

有馬は観光客とハイカーでたくさんの人だった。

Ro12
バスで三宮に出た。
JR高架下の呑み屋になだれ込む。電車が通るたびに
ガタンゴトンと音と振動がある。いいねぇ。

Ro13
3時間ほど呑んでたらもうすっかり暗くなっていた。
また行こうな、と約束して大阪駅で解散した。

ハイキングより呑み会が楽しかったナ。

2012年11月22日 (木)

「天空の犬」買った

Dsc00047

ハードカバーの本を買うなんて久しぶり。
だって高いんだもん。

帯の言葉で、闘病生活に入る先輩にお見舞いの時に
持って行ったらどうかと買った。
先輩、山好きだし・・

内容がわからないのでとりあえず読んでみないとダメだよね。

2012年11月20日 (火)

カメラ DSC-RX100 買った

S1
いつも持ち歩いているコンパクトデジカメが古臭くなってきて
そろそろ買い替えの時期かなぁと思って、いいのはないかと
探していたらこれがヒットした。決め手は撮像素子の大きさだ。

値段が高めなのでしばらく悩んでいたが結局買ってしまった。

ネットで値段を調べて、とりあえず実機を見てみようと
安いことで有名なヤマダ電機に行ったらポイントを考慮すると
ネット価格より安くなるのでそこで購入することにした。

S2
箱の中はこれだけ・・
説明書も薄くてあとはネットで見てね、ということ。

記録メディアは入っていない。
タブレットに使っている32GのSDカードを一時使用。
通販でカメラ用に32Gを購入したがまだ到着しない。
容量的には16Gでよかったかな・・

S3
充電後電源ON。大きなレンズがにゅーっと出てくる。
よく中に収まっていたなと思う。

S4
液晶保護フィルムを通販で買う。2日で届いた。
100円ショップで適当な保護フィルムを買ってきてカットして
貼り付けることが多かった。しかし最近では専用品がしっかり
フィットして見栄えがいい事に気がついて(当たり前か・・)
値段は高いが純正品を買うようにしている。

S5
慎重に貼る。純正なのでSONYの文字が入っている。

S6
フィルムというより板で厚さが1mm近くある。
段差にホコリが溜まりそうだぞ。

S8
ストラップを引継ぎ。

これだけ大きくなってはGパンの後ろポケットには入れられない。
はいるけれど入れてると重さもあるし大きいしで気になる。

ボディがペタンコでホールドしにくいのでグリップかストラップで
何とかしないといけないね。

ペンタックス派だったのだが今回はSONY。
もうカメラは電子機器だ。

まだ使用感を書けるほど使っていないのでそれに関しては
いずれまた・・・・

2012年11月18日 (日)

家でゴロゴロ

今日は赤目四十ハ滝の紅葉を見にハイキングの
予定だったのだが前日からくしゃみと鼻水が止まらず
不参加となり家でゴロゴロしていた。

一時は身体中の水分が鼻から出てしまうんじゃないかと
思ったくらいひどかった。

Dsc00019

ちょうどネット注文していた本が届いたり、後日書くつもりだが
買ってしまったカメラの使い方や設定を調べたりと
時間をつぶすには事欠かなかった。

でもいい天気だったのに外に出られなかったのは残念!

ハイキングメンバーからはもう紅葉は遅かったということと
すごい人だったという報告があった。
どうもイマイチだった様子。

まぁ今日は行かなくて正解だったと思うことにしよう。

2012年11月17日 (土)

IE10をインストール

Imgp5718

会社で使っているプライベートのパソコンはネットブックと
呼ばれているとても非力なノートパソコンでOSはWindows7だが
Starterエディション。

そんなノートにWin7用にプレビュー公開されたIE10をインストールしてみた。
新しいもの好きなんで・・

自宅でそれをすると使いにくかったりしたら非難の嵐が吹く。

サイトから言語を選んでDOWNLOADEDをクリックするだけだった。

再起動したらちゃんと入っていた。

しかし見かけ上では変化なしでこっそり入れられたら
私なら気が付かないだろうな。
どう変わったんだろう

表示が少し早くなったような気もするが・・

2012年11月14日 (水)

RS20の玉押し交換

Imgp5641
ずいぶん前からパーツは準備出来ていたのだがなんだか面倒で
先延ばしにしている通勤号のRS20ホイールの傷ついている
玉押しの交換作業。乗っていても違和感ないからなぁ。

これじゃいけないと重い腰をあげた。

道具さえあればネジを緩めるだけで分解できる。

Imgp5642
左が傷ついた玉押しで右が新品。形が違うやん・・
私のは初期のRS20だからか?それとも発注ミス?

長さは同じなので組み付けてみることにした。
長さが違えばエンド幅が変わってくるからダメだけどね。

Imgp5643
パーツクリーナーできれいにする。
写真をとった後ベアリングが一つ足りないことに気がついたが
ハブにグリスでくっついているのを発見。

Imgp5644
受けのほうはキズなし。

Imgp5645
やわらかそうなグリスがあったのでそいつを使ったが
今考えたら雨中走行時に流れ出てしまいそうな気もするなぁ。
素直にデュラグリスにしておいたほうがよかったか?

Imgp5646
ダストカバーの中をグリスで満たしてやった。

Imgp5647
完成でーす。

形が違っていたので後輪は異常に気がついたら交換する
ことにした。ちょっと面倒、という気持ちもあるし・・

当たりが出た頃(いつかなぁ)分解して様子を見ないと
いけないだろうな。

2012年11月11日 (日)

熱収縮チューブ、その使い道

Imgp5710
こんなもの買った。

加熱したら縮むチューブで、値段は送料のほうが高かった。

何に使うつもりかというと・・

登山靴の靴紐の先っぽの片側がほつれてきた。
ほつれ止めのプラスチック部分が割れて無くなってしまった。
いつの間にか踏んづけてしまってたんだろうね。
ボサボサになってきたので「なんとかしないと」ということで
このチューブが登場。

チューブの太さは色々あったのできっちり入るものを選んで
適当な長さに切って、最初はドライヤーで加熱してみた。
けどあんまり小さくならない・・

思い切ってガスの火であぶったら・・

Imgp5711

こうなった。右上がそれ。左下が元々の姿。
あぶった方はやりすぎて溶けて色が変わってしまった。
先っぽは黒くなったのでちょん切った。
使えそうなのでこれでいく事にする。耐久性はどうかな。

収縮率50%と表記されていて、そうなるとこれがせいいっぱい
なのかなぁ。

というかどうすれば熱をうまくかけられるんだろう。
専用ヒーターがあるみたいだけれど・・

素直に新しい靴紐を買ったほうがいい?

2012年11月10日 (土)

こんな花見かけた

Imgp5710

先日会社の身体検査を受けたのだがその近くの喫茶店の前に
おもしろい植物を見かけた。

赤い部分から先はたぶん花だと思うんだが・・
ひょっとしたらガク?

黄色の部分の先にはおしべめしべ的なものが出ている。

おもしろいなぁ。

名前とか調べたいんだけどその方法がわからない。
図鑑を1ページずつめくっていくようなやり方しかないのかな・・

2012年11月 8日 (木)

鹿児島遠征(最終回)

Kago_58
10名ほどいた頂上も皆降りてしまい我々だけになってしまった。
予定していたより早く着いたのでのんびりしていたがガスは
晴れそうにないので下山を始めた。

雨になったらイヤだし。

クライムダウンっぽいところもあり気が抜けない。

Kago_59
S君はいつになく調子がいい。

Kago_60
あっという間に樹林帯にはいり、下りるに連れて道は歩きやすく
なるのでどんどん早くなった。

午後になってもこれから頂上に向かう人たちとすれ違う。
20人以上いたような気がする。

Kago_61
駐車したふれあい公園まで降りてきて振り返ると・・

いつものように頂上の雲はなくなっている、というパターン。
ああ・・

Kago_62
駐車場は8割がた埋まっていた。ひろい施設なので他のエリアにも
あるのかもしれない。

ここでもこれから登ろうという人たちが・・
午後1時を過ぎようとしているのに、ずいぶん遅い出発だなぁ。

Kago_63
登山が終われば次は観光。
線路を横切ったので思わずシャッターを押す。のどかな単線だ。

Kago_64
「せびら自然公園」からみた開聞岳。
名前はいいが道路脇の駐車スペース+αというもの。
でも開聞岳のビューポイントということでGOODです。

Kago_65
やってきたのは知覧。ここは特攻平和会館。

知覧はお茶が有名だということを初めて知る。
後味がすっきりしていて飲みやすかった。

鹿児島中央に戻ってきてガソリンを入れるのに一方通行を
グルグルしてから満タンにしたレンタカーを返却。

S君は薩摩キリコのグラスが買いたいというのでまず買い物。
中央駅近辺には売っている所が無く、駅構内にあった売り場に
行ってみた。
種類はほとんど無かったが気にいったのがあったので購入。
思えば3年前に鹿児島に来た時にもそんなこと言ってたな。
ついに念願がかなったね。


Kago_66
夜行バス乗り場近くの「笑笑」に突入。

Kago_67
今回のツアーは完全に消費カロリーより摂取カロリーのほうが多い。

飲み過ぎるとバス乗車中にトイレばかり行く事になる。
頭の片隅に「セーブしろよ」という言葉が・・
車内は「静かに」という雰囲気が充満しているので会話もしにくい。
皆退屈なので話していても聞き耳立てていて”聞かれている”と
いう感じ。

Kago_68
バスを待つ。
昨日見た観覧車は色を変えながら回っている。

Kago_69
目の前を路面電車が!

夜行バス車内では昨日ホテルで残った焼酎をちびっと呑んだ・・

Kago_70
最初のトイレ休憩に立ち寄ったサービスエリアにて。

バスは空いていてシートも遠慮なく思い切り倒せて
けっこう眠れたような気がする。

トイレも行くこと無く気がつけば神戸あたりだった。

早朝の大阪は雨が降っていて鹿児島はどうだかわからないが
まぁいい時に行ったことにしよう、ということで解散した。

おしまい。

2012年11月 6日 (火)

ブーケをキャッチ、娘の話ですが・・

Imgp5706

日曜日に友人の結婚式に行って来た娘。
出かける間際まで「あれがない!」とかでバタバタしていた。

その娘がトスされたブーケをキャッチしてもらってきた。

右手にはカメラ、左にはカバンをかけて脇にプログラムを
はさんでいて取る気は無かったらしいが投げられたブーケが
ストライクで飛んできて左手でプログラムを落とすことなく
ナイスキャッチしたそうな。

みんなに「上手に受けたと言われた」と言っていた。

今、食卓に飾られていて、複雑な心境で見ている。

2012年11月 5日 (月)

鹿児島遠征(4)

Kago_39
開聞岳への歩き始めは公園を横切るところから・・

Kago_40
にゃんこ先生にご挨拶。きれいな毛並みだった。

Kago_41
左右には桜の並木がある。春にはすばらしい景色が見られる
のではないだろうか。

Kago_42
ん?見上げれば花が数輪。狂い咲きか?

それにしても今日はとても温かい。
標高が低いからということもあるだろうが、さすが鹿児島!
Tシャツでも大丈夫だ。

Kago_43
公園の端っこまで来て登山道が出てきた。

Kago_44
こちらもよく整備されている。

Kago_45
視界は樹林がじゃまをしてほとんど利かないが時々間から
海が見えてうれしい。海を見ながら登るなんて!

Kago_46
えーっと、ツワブキ・・かな?

Kago_47
1時間歩いて5合目。

Kago_48
次第に険しく」なってきたゾ。

Kago_49
高度が上がったら景色の見え方も変わってくる。
屋久島とか見えたらいいのに・・

Kago_50
大木は無くなってきたが木々の高さが微妙に背丈を越えていて
なかなか視界が開けてこない。

しかし「救助ポイント」という所が何箇所かあってヘリで
吊り上げたりできるようなになっている。
そこは当然見晴らしがいい。ここは第三ポイント。

Kago_52
こちら仙人洞。

Kago_53
ロープまで出てきた。

Kago_54
登山道は開聞岳をぐるりと回るようにつけられている。
だから登るにつれて反対側の景色が見えてくる。

Kago_55
はしご、というか階段というか・・
ピッチが細かすぎて登りにくかった。

Kago_56
頂上直下には鮮やかな鳥居が立っていた。
「御嶽神社」とあった。

Kago_57
頂上に着いた途端にガスで景色が・・

またかよー

(続く)

2012年11月 2日 (金)

鹿児島遠征(3)

Kago_26
えびの高原の駐車場に近づくに従って樹海の中のような
登山道になって、どこが道だかわからないようなところもあった。
どこでも歩けちゃう。

Kago_27
道路に出た。少しだけ車道を歩かないといけない。
松林の中はキャンプ場。

Kago_28
韓国岳は雲の中。この辺りは遊歩道があって天気が良ければ
のんびり散策もいいかもしれない。

Kago_29
戻ってきた駐車場は相変わらずガラガラ。
今日は平日だからね。

次は指宿に向けて移動開始。

Kago_30
途中にあった坂本龍馬とおりょうさんが入ったという
塩浸(しおひたし)温泉。歴史大好きS君は「さっと浸かってくるから
待っててくれ」と言ってひたりにいった。
最初は「しおずけおんせん」なんて読んでたゾ。

Kago_31
高速を降りて海岸線に出たら指宿まではあと少し。
明るいうちに着けそう。

Kago_35
今夜の宿、指宿フェニックスホテル。
平日のネット予約で安く泊まれた。砂湯付だぞ。

初めての砂湯は以外と熱くて5分でギブアップ。
ヌルいのが好きなんだよ。

Kago_32
ホテルの食事は頼まずに地元のうまいものを食べる計画だったが
あたりにそんな店は一軒もない。車で走ればあるかもしれないが
お酒が呑めないのはつらい。

ちかくのスーパーで食料を買いだし部屋飲み。
あっという間に酔いがまわってS君くずれてしまった。

Kago_33_2
睡眠時間十分で目が覚めた。天気はくずれて雨かも・・
という予報だったがみごとな朝日が見えた。

Kago_34_2
バイキング形式の朝食をしっかり食べて売店でお土産を買い
チェックアウト。

Kago_36
一路、開聞岳へ。先っぽが見えた。
どこから見てもすぐわかる形だ。

海越しに見たくて長崎鼻まで行ってみたが駐車場は開門前だったし
少し歩かないといけないようだったので時間が惜しいからパス。
見に来たのではなく登りに来たんだし。

その割には朝食はのんびりだったけど・・

Kago_37
どんどん近づいてきてテンションの上がる。

Kago_38
ふれあい公園の駐車場に到着した。

最初間違えて駐車が有料の大自然公園に止めようとして
ゲートの係の人が「登山ならここではないよ」とふれあい公園への道を
教えてくれた。ここは無料だ。

もたもたと準備をしてさあ登山開始。

(続く)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »