フォト

twitter

  • twitter
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月14日 (日)

エベレスト街道トレッキング

11月に行ってきたエベレスト街道トレッキングの様子を
ダイジェストで。

行程はネパールのルクラを出発点に目標はカラパタール。

Map

E_01
ルクラへはカトマンズから小型飛行機で移動する。
時間は30分程。東に向かって飛ぶので左手に
ヒマラヤ山脈が見える。

E_02
歩き始めのルクラの町。登山用品もいろいろ売っていて
忘れ物しても大丈夫だなぁ、なんて思った。

ただ値札がなくて、値段は交渉次第らしい。

E_03
トレッカーはたくさんいて長い行列になることもある。
いたるところで5色の旗タルチョがはためく。

E_04
とても高い所に渡されているつり橋。左下に見える橋は古い橋らしい。
高い所が苦手なS君は腰が引けていた。

E_05
写真は、みんな大好きダルバート。インディカ米なのでパサパサのご飯だ。

宿泊施設は電力事情で夜になると薄暗い。
部屋の電灯が点かないところもあり懐中電灯は必携。

E_06_2
ナムチェバザールから少し登ったエベレストビューポイント。
真ん中に頂上が少し見えているのがエベレスト。
雲のかかっているのはローツェ。

E_07
街道は荷上げのポーターがひっきりなしに行き来する。
白い峰はアマダブラム。

E_08
ロブチェからメラピーク方面の夕焼け。

E_09
エベレストがよく見えるカラパタールへの登り。正面はプモリ。

E_10_2
カラパタール(5550m)よりエベレストを望む(真後ろの黒い三角)。
押し出されてきた氷河がすごい。

とにかく標高が上がるほど景色はすばらしいものになっていった。
と同時に空気が希薄になっていくのも感じられカラパタールへの
登りでは一歩一歩が苦しかった。

だって空気の量、半分だよ!

2014年12月 5日 (金)

寝袋をクリーニングしてもらった

エベレスト街道のトレッキングに持って行ったダウンの寝袋を
クリーニングに出した。

35年以上前に購入したものだ。
昔はダウンは洗えないと思っていたので今回が初めて。
さぞかし洗濯液は真っ黒になったのではないかと想像する。

Dsc03149
帰ってきた姿がこれ。
クリーニングのカテゴリーとしては布団類なのね。

Dsc03149a
トレッキング中はこんな風にベッドで使っていた。
ベッド付属の毛布は貧弱ということで寝袋を持っていったのだが
とても快適だったよ。

ただ、形が袋状なので潜り込むのに動き回らないとうまく
入り込めないのだが標高の高いところでそれをやると
息が切れて苦しかった。

Dsc03150
会社で広げてみると・・

青色が鮮やかになって手触りもサラサラした感じだ。
黄ばんでいた所までキレイにするのは無理だったようだが。

スタッフバッグに収めるのに頑張らないと入れられなくなったので
ダウンの膨らみ具合も増したようだ。

何にしても気持ちがいい。

Dsc03151

スタッフバッグには「MOUNTAIN EQUIPMENT」 とあるけれど
これは単に山道具という意味でメーカーは「Himalchuli」と
いうことなんだろうか?
Made in France って書いてあるし。

昔のこと過ぎて忘れてしまったよ。
多分梅田のIBS石井で買ったとは思うんだけど・・

2014年12月 3日 (水)

落ち葉の山

Dsc03148

昨夜も風が強かったが、今朝出社してみたら駐車場には
掃き集めたのかと思うような形で落ち葉がかたまりになっていた。
ついでにそこいらへんのゴミまで・・

2014年12月 1日 (月)

テニスサークルの同窓会

昨日の日曜日は以前お世話になっていたテニスサークルの
人たちが集まって天満で呑み会が開かれた。

真っ昼間から始まったのだが、予定していたお店が時間に
なってもシャッターがしまったまま開店しない、というハプニングが
あって少し幹事をあわてさせた。
どうやら店主が寝坊したようだ・・

Dsc03146

私のようにすっかりテニスからは身を引いたものや今でも
続けている人、細々とだがやっている人、と様々だったが
やはり、というか昔話に花がさいた。

二次会まででおいとましたけれど、「まだ明るいやんかー」と
三次会の店を探して何人かは天満の商店街を歩いて行った。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »